第186回拡大中央委員会

16春闘・政治決戦に勝利しよう

 国労は2016年1月30日、東京都港区・新橋交通ビルにおいて第186回拡大中央委員会を開催しました。

 佐々木執行副委員長の開会あいさつのあと、資格審査発表にて委員30名中全員の出席を確認し、委員会が成立していることが宣言されました。

 議長団として、議長に服部清委員(東京地本)、副議長に平野清春委員(近畿地本)が選出さ、議事が進められました。

 坂口執行委員長あいさつ。来賓あいさつ。祝電メッセージ披露が行われ、議題へと進みました。議題の(1)協約・協定の締結承認について、星野業務部長より説明が行われ、全体の拍手で承認されました。議題の(2)当面する運動方針(案)について、唐澤書記長より提起が行われ、委員13名、貨物協議会・青年部より2本の特別発言を受け、中間答弁を挟みながら、唐澤書記長の集約答弁をもって、全体の拍手で運動方針が採択されました。

 議題の最後に、特別宣言を全体の拍手で承認し、議長団退任のあいさつ、佐々木執行副委員長の閉会あいさつを受け、最後に坂口執行委員長の団結ガンバローで第186回拡大中央委員会を無事に終了しました。運動方針で確認された、JR三島・貨物に対する支援強化を求める闘い。「合理化」に反対し、労働条件改善と安全・安定輸送確立をめざす闘い。地方交通線の維持・存続、公共輸送確立に向けた取り組み。2016年春闘。組織強化・拡大の闘いと事業活動の強化。平和と民主主義を守る闘いを、国労は組織一丸となって闘います。