国鉄労働組合50年史


 第一部 国鉄労働組合概史 ―― 戦前から1970年代末まで

第一節 戦前の国鉄と国鉄労働運動  1-4節

1 日本国有鉄道の形成と展開
 国有鉄道の成立と大家族主義――鉄道省の設置とその後の戦時下の国鉄
2 戦前における国鉄労働者の闘い
 労働者階級の形成と抵抗の開始――日鉄機関方の大罷業と大宮工場の闘い――弾圧政策と国鉄大家族主義――第一次犬戦後の連動の高揚と国鉄労働者――国鉄現業委員会の組織化と全日本鉄道従業員組合の結成――戦時下における国鉄労働者


第二節 戦後初期の国鉄と国鉄労働運動

1 敗戦後の国鉄輸送と経営・財政
2 戦後初期の国鉄労働者の闘い
 国鉄における組合結成の動き――国鉄総連合の結成――7万5000人の解雇反対闘争――2・1ゼネストの中止――国鉄労働組合の結成――1800円ベース賃金と国鉄反共連盟の結成――マ書簡、政令201号と職場難脱闘争


第三節 公共企業体としての国鉄の発足と国鉄労働組合の闘い

1 公共企業体としての国鉄の発足と大量人員整理
 公共企業体としての国鉄の発足――大量行政整理と下山・三鷹・松川事件
2 行政整理後の国鉄労働組合の闘い
 指令O号と成田中央委員会――仲裁裁定完全実施の闘い――総評の結成と国労――朝鮮戦争と平和四原則――労闘ストなどの展開と運動の前進


第四節 高度成長下の国鉄経営・財政と国鉄労働組合の闘い

1 高度成長下の国鉄経営・財政
 高度成長の開始と1955年という年――国鉄第一次5ヵ年計画から第二次5ヵ年計画へ
2 総評の中軸組合としての国鉄労働組合の闘い
 春闘の展開と国労の参加――国労新潟闘争と藤林あっせん案――警職法・安保・三池の闘い――国労の組織問題の新たな展開――春闘ストと合理化反対闘争の進展――64年春闘と4・17スト問題


第五節 国鉄経営・財政問題と国鉄労働組合の闘い  5-8節  

1 高度成長下の国鉄経営・財政 高度成長の開始と1955年という年――国鉄第一次5ヵ年計画から第二次5ヵ年計画へ2 総評の中軸組合としての国鉄労働組合の闘い 春闘の展開と国労の参加――国労新潟闘争と藤林あっせん案――警職法・安保・三池の闘い――国労の組織問題の新たな展開――春闘ストと合理化反対闘争の進展――64年春闘と4・17スト問題


第六節 国鉄「マル生」運動の展開と「マル生」粉砕闘争

1 国鉄財政の破綻と「財政再建10ヵ年計画」 
2 国鉄「マル生」運動の展開
 磯崎新総裁の就任と新たな「職員管理」――「マル生」教育と企業内教育機関の活用――管理局から現場への「マル生」運動の浸透と鉄労の育成
3 国鉄労働組合の「マル生」粉砕闘争国労の反撃と国労函館大会――裁判・公労委闘争、「マル生」調査団――マル生闘争の勝利


第七節 春闘・スト権奪還闘争の高揚

1 国民春闘の高揚
 70年代初めの春闘――上尾事件と首都圏国電事件と春闘――狂乱物価と七四国民春闘
2 国鉄労働組合新綱領の採択
 民間先行の労働戦線再編運動=国労新綱領づくりの背景――国労新綱領の作成と採択
3 8日間のスト権スト
 スト権ストまでの経過――スト権スト――202億円損害賠償訴訟の提起


第八節 国鉄の民主化・政策要求闘争

1 春闘の低迷と「管理春闘」の強まりに抗して
 日経連の大幅賃上げの行方研究委員会と「管理春闘」の強まり――職場労働者モラルの確立――春闘再構築への努力
2 スト権回復立法構想の提起
 全逓名古屋中郵事件・札幌駅ビラ貼り事件最高裁判決――公共企業体等基本問題会議をめぐる動向とスト権立法構想
3 「国民の国鉄」をめざす民主化・政策要求闘争
 国鉄「再建」計画の挫折と政府・国鉄の対策――民主的規制から民主化・政策要求へ