国鉄労働組合50年史


 国労の文化運動

「国鉄労働組合50年史」  補章 第二節 国労の文化運動から

1 戦前、戦中の文化運動(~1945年)

 第二次世界大戦前、大正末期から昭和に入った日本では、働くものの団結と結社、そして言論・出版・集会など、あらゆる文化的活動が弾圧され、国鉄労働者の文化活動も次第に圧殺されていった。やがて、1931年の満州事変にはじまり、日中戦争(37年~)、太平洋戦争(41年~)と戦火が拡大されるにしたがい、一方では悪名高い治安維持法が改悪(34年)され、国家総動員法(38年)、大日本産業報国会の発足(40年)などで、職場の労働者たちは強制労働と思想統制を強いられていった。そこでは、今日のように文学集団や職場サークルを結成し自由に運営することなど思いもよらぬことであり、国鉄の先輩たちの文化活動は困難をきわめた。しかし、この時期に多感な青年期を過ごし、戦後の文化運動の指導的な役割を担った近藤東、半田善之、司代隆三などの先輩たちは、部外の同人誌に加盟したりあるいは密かにプロレタリア文化運動に参加したりして、戦後に開花する思想的・文化的な基礎を築いていった。

 さて、敗戦直後の混乱のなかで全国各地に詩話会設立の呼びかけがなされたが、その中心になっていたのが、当時東鉄局総務部指導課(のちの労働課)にいた近藤東(1904-1988)であった。近藤は戦前古くから詩を書いていて、1929年には、雑誌「改造」第百号記念の詩コンクールに『レーニンの月夜』で1位入選を果たしている。北原白秋の選であった。近藤は、戦前にも「叙情詩娘」「万国旗」などの詩集を出していて、現職職員の身分で部内誌の選者をつとめていた。敗戦後の混乱のなかで近藤を中心とした仲間たちが、部内誌の投稿者に片端から“檄文”結集を呼びかけていった。

 また、戦後いち早く、「国鉄文化」の創刊に尽力した半田義之(1911~70)が、保高徳蔵主宰の雑誌「文芸首都」に発表した小説『鶏騒動』で、1939年上半期第9回芥川賞を受賞したのは29歳の時であった。10代で鉄道省に入り、小岩駅・亀戸駅などを経て、大多喜駅に勤務中であった。半田は、芥川賞受賞を機に退職し作家生活に入るが、文芸誌が次々と統廃合されるなかでついに文壇への足がかりをつかむことができず、敗色迫る1943年頃からは、海軍報道班員としてラバウル方面にまで派遣されることになった。敗戦後半田は、国労一万円懸賞創作、国労文芸年度賞、中央機関紙「国労文化」の小説欄の選者としてほぼ20年間、国労の文化運動を献身的に支援してきた。

 司代隆三(1911~)は1934年に鉄道省に入り、隅田川駅、御徒町駅などに勤務してきた。司代は勤務のかたわら文芸雑誌「双紙」同人となったが、1941年に「言論、出版、集会、結社等臨時取締法」により同誌が強制的に廃刊され、別誌に統合させられたあとの雑誌には大政翼讃会、産業報国会系の戦争美化、戦意高揚の文章しか発表できなくなり、事実上の絶筆に追い込まれた。敗戦直前の約半年間は海軍の兵隊として横須賀海兵団に徴用された。敗戦後、東京在住の司代の立ち上がりは早く、1946年2月に創刊された「人民短歌」に直ちに参加し、やがて、全国鉄文学者会議結成へと踏みだしていく。その後は東鉄局経理部にずっと籍を置き、国労の文化運動の中心的役割を常に果し、国労創立20周年記念式典(1966年)で「文化運動の発展に貢献」した功績が評価され、斉藤鉄郎、加藤閲男、菊川孝男、土門幸一とともに国労功労賞を受賞した。


2 敗戦からレッドパージまで(1946~50)

 1945(昭和20)年、敗戦の年はまた、40年ぶりという大凶作の年でもあった。

 人々は飢え、闇米を手に入れなければ生きてゆけなかった。そんななかでも、国民の文化的要求は強く、商業雑誌「改造」「中央公論」「文芸春秋」「新潮」などが復刊され、「世界」「展望」などが次々と創刊されていった。また、文学運動としては、1945年12月に新日本文学会が創立され、多くの国鉄労働者がその運動に参加していった。また、1947年1月には、国鉄詩人連盟の作詩した『町から村から工場から』が、メーデー歌に入選した。「国鉄労働者も、闇の食料を買いあさりつつも、戦争によって長い間しめつけをしてきた人間無視に対する怒り、そして人間性の回復のため、文化的欲求を爆発的に燃え上らせた」(司代隆三著「戦後の国鉄文学」1973年)という時代であった。

<「国鉄文化」の創刊>

 国労中央機関誌「国鉄文化」が創刊されたのは、1947年11月のことであった。すでに機関紙「驀進」(のちの「国鉄新聞」)は発行されていた。「国鉄文化」はその後、1972年1月号(通巻229号)から「国労文化」と改称され今日に至っているが、創刊以来組合員から親しみをもって迎えられ、かつ国鉄文化運動の要として、サークルの育成と向上あるいは文芸作品の発表、新人の発掘など戦後の文化運動にとって主要な役割を果してきた。

 (略)「国鉄文化」は創刊記念として、賞金一万円の懸賞創作を募集した。第1回の応募者は小説が48人、戯曲が12人あり、豊島与志雄、徳永直、半田義之が選考にあたった。その結果、入選作なし、佳作として佐藤功『機関区従業員組合』と佐々木俊『愛情』などが残った。懸賞創作は翌49年にも募集され、このときは、有賀是夫『黒い炎』が入賞を果した。しかし、当時としては画期的な試みも2回限りで中断した。(略)

<国鉄詩人連盟の結成>

 詩人連盟(国鉄詩人連盟)は、敗戦後いち早く結成された。近藤東、岡亮太郎らが中心となり、まず東鉄詩話会を結成し、1946年2月にはB5判8頁のパンフレットのような雑誌「国鉄詩人」を創刊、全国各地に詩話会の設立を呼びかけていった。呼びかけに応じ新鉄、高鉄、門鉄にそれぞれ詩話会が結成されたのを機に、東鉄を含めた4つの詩話会と個人参加者を結集し、翌1946年6月には詩人連盟として正式に発足させ、詩誌「国鉄詩人」を第5号から連盟の中央機関誌として採択した。そして、いよいよ、1947年4月には第1回詩人大会を東京で開催し、さらに、その年の11月には、第2回詩人大会を新潟で開催し5項目から成る綱領を決定し今日に至る不動の体制をととのえた。こうして出発した詩人連盟であるが、このあと定員法(1949年)やレッドパージ(1950年)による破壊的な攻撃により運動の停滞を余儀無くされ、「国鉄詩人」の発刊を一時中断する時期もあったが、やがて、国鉄詩集「鉄路のうたごえ」(1954年)の刊行などを契機に詩運動を盛りあげていくことになる。(略)

<国鉄演劇コンクール>

 戦後、国鉄のなかでも各地に劇団が結成され、上演活動も各地で行われるようになった。こうした動きを受けて、1948(昭和23)年4月、国労と当局の共催による第1回国鉄演劇コンクールが、東京上野の都立文化会館で開催された。コンクールの結果、1位になったのが星加輝光作『山峡を守る人々』で、鈴木元一作『モハ三〇〇七三』などの作品が入賞した。またこの時、審査員の要望により、東鉄の優秀作品だった田中小太郎作『興安桜』、石岡三郎作『吉奈療養所』などの作品が上演された。翌49年3月、第2回演劇コンクールが開催されたが、それ以後は、定員法、レッドパージと続く激動のなか、共催どころでなくなりこの種の催し立ち消えとなった。そして、このあと国労の行事として第1回全国鉄演劇祭(53年)が開催されるまでには数年の空白が流れた。

<全国鉄文学者会議>

 全国鉄文学者会議は1949年2月、静岡県宇佐美で全国から130人を超す参加者を集めて結成された。会議では、・勤労者文学とは何か、・文学とサークルをいかに結びつけるか、・サークル大衆化の問題、・今後われわれの文学運動をいかに発展させるか、の4項目に議題を整理(司代隆三議長)し、鋭い論戦がたたかわされた。そして、その年の9月には、いよいよ同会議の機関誌「文学者会議」を創刊し、森道之輔の長詩『あらしのなかにおれたちは歌う』をその巻頭に据え迫りくる弾圧に対峙した。引続き翌月の10月には「文学者会議」第2号の発行にこぎつけたが、しかし、400人近く結集した会員も、定員法・レッドパージの攻撃で散り散りになり、結果的には誌代も会費も回収できないまま財政難のため赤字を残し2号雑誌で終った。

<嵐のなか国鉄労働組合歌決る>

 1946年の国労発足以降、二・一スト中止(47年)、政令201号の公布施行(48年)、下山・三鷹・松川事件(49年)、レッドパージ、朝鮮戦争(50年)と続く一連の弾圧のなかで、流れに抗して国鉄労働組合歌『わたくしたちは俺たちは』(国鉄詩人連盟・日向雅夫作詞、服部正作曲)が決定された。

 この時代は、星隆平(本名佐藤功)の詩『炭殻置場』をめぐる岡亮太郎対中村武志ほかの“勤労詩論争”や、鉄道文化の会の結成、「鉄道文学」「星座」「短歌集団」「交通ペン」などの創刊などもあり、国労の文化運動も本格的な盛りあがりを見せた時期であった。しかし、定員法、レッドパージの嵐のなかで、せっかく軌道に乗りつつあった国労の文化運動も、ここで一歩後退を余儀なくされた。


3 国文協傘下各サークルの結成とその活動(1951~65)

 労働運動の高揚とサークル運動の活性化は不可分のものである。1951(昭和26)年6月、国労第10回定期全国大会(新潟)で「平和四原則を主体として日常闘争の下部から盛り上がる闘いを結集する」方針を決定して以来、国労の闘いは高揚期に入り、職場では、時間内職場集会、順法闘争、ストライキと戦術が強化されてき、60年安保を経て60年代半ばまでに、現在の国文協傘下の各サークルが次々と結成されていった。各サークルの役員たちは、そのほとんどが国労の各級機関、とりわけ第一線の分会役員を兼務していて、強化されていく闘争戦術への対応や、あるいは組織分裂(機関車労組、新潟地本労組の結成)などに直面し日夜苦闘するなかでのサークル活動であった。

 こうしたわが国労働運動の高揚期にあった1956年8月、国労は第15回定期全国大会(伊勢)において「サークル育成」方針を、労働組合との関係で明らかにした。また、その前年55年には「国民の中に育てられ、親しまれてきた文化の伝統を正しく受けつぎ、発展させながら、文化専門家が、国民全体と結びつくこと」を意図して国民文化会議が結成され、国労もこの運動に積極的に参加してきた。

<美術・うたごえ・演サ・劇作の発足>

 1954年7月、美術連盟(国鉄美術連盟)が発足した。つづいて同年8月にはうたごえ(全国鉄うたごえサークル協議会)が結成され、第1回国鉄のうたごえ祭典を広島で開催し、全国から約400人の仲間が参集した。演劇活動も4年間にわたって途絶えていたが、53年10月には国労の行事として第1回全国鉄演劇祭が開催されるに至り、55年1月には演サ協(全国鉄演劇サークル協議会)が発足した。演サ協結成で刺激された劇作家たちは、翌56年10月には劇作グループ(国鉄劇作家グループ)を結成し、結成1周年目には念願の「国鉄戯曲集」第1集(1957年)を刊行した。

<漫画・川柳・コントが発足>

 日教組の勤評反対闘争、警察官職務執行法改悪反対闘争、さらに60年安保とうそうなど社会的大衆闘争が盛り上がってくるなかで、1957(昭和32年)年9月に漫画集団(国鉄漫画集団)、同年9月に川柳人連盟(全国鉄川柳人連盟)、そして翌58年2月にはコントグループ(国鉄コントグループ)が結成された。そして57年9月に川柳人連盟から「国鉄川柳句集」第1集が刊行され、同年10月には機関誌「国鉄川柳」も創刊された。また、58年4月に漫画集団機関誌「GAN」が創刊され、その表紙に、時の総理大臣岸信介の軍服姿に鳩が糞をひっかけるといった図柄の二色刷りの風刺漫画(佐藤仲男作)を飾り、日米安保締結に狂奔する時の政権を批判した。翌59年2月に、コントグループが作品集「国鉄コント」第1集を刊行し、ついで4月には、機関誌「国鉄コント」を創刊した。

<作曲・器楽・歌人会が発足>

 (略)1958年12月に作曲家グループ(国鉄作曲家グループ)と器楽連盟(国鉄器楽連盟アコーデオングループ)がともに結成され、各地で講習会を開催しながら、国鉄のうたごえ運動の質的な向上を求め運動を開始した。59年8月には歌人会(国鉄歌人会)が発足した。国鉄の歌人たちの活動は敗戦後すぐに開始されていて、1948年には「鉄道歌集」(鉄道文化の会編・523名収録)が刊行され、その10年後に「国鉄歌集・一九五八年版」(司代隆三編・615名収録)が刊行された。歌人会は、58年7月に第1回全国鉄短歌大会を札幌で開催したあと、翌59年8月、東京で改めて創立大会を開催し正式に発足した。

<作家集団の発足>

 1954(昭和29)年に足柄定之の長編小説「鉄路の響き」、56年に半田善之の長編小説「国鉄新幹線」が刊行され、職場のなかの創作活動が活発になってきた61年2月に作家集団(国鉄作家集団)が結成された。

<国文協の結成>

 (略)1959(昭和34)年1月、各サークル間の連絡協議機関として国文協(国鉄文化団体協議会)を設立が設立され、初代議長に司代隆三を選出した。(略)

4 文化運動の高揚期と労働運動への積極的参加(1966~80年)

<美術・コント・歌人・川柳・作家など>

 美術連盟では、例年6月に東京都美術館で開催される職美展に30点から40点前後の作品を出展し、その場を「美術連盟展」と位置づけてきた。他方、マル生の渦中で国鉄当局は、それまで当局主催で開催してきた全国鉄美術展を廃止した。多くの会員が混乱するなか、当局の息のかかった分裂組織、国鉄美術会が秘かにつくられ連盟への組織切り崩しが開始された。この攻撃で、東京事務局と会員の大半を失った国鉄美術連盟は、急遽事務局を常磐線の平地区に移し組織の再建をはかり、72年の職美展には、連盟から大挙51点の作品を送り込むなど職美展全体のなかでも異彩をはなつ程の活動再開にこぎつけた。

 コントグループはこの間、機関誌「国鉄コント」100号記念特集号(1974年)を発行した。また、同グループでは、機関誌活動のほかに、作品集刊行委員会を設置し「国鉄コント集」の刊行をつづけてきたが、1977年には第12集(コント作品21篇を収録)を刊行詩、さらに翌1978年には、グループ創立20周年を記念して、根宜久夫事務局長を中心に念願の「『国鉄コント』の二〇年」を刊行した。

 歌人会からは、機関誌「国鉄歌人」と毎年1回の年度版「国鉄歌集」が、また川柳人連盟からも、機関誌「国鉄川柳」と同じく年度版「川柳句集」が順調に刊行されていった。作家集団でも、まず「国鉄文学運動小史」(1966年)を刊行、つづいて1979年には小説集「人間の鎖」(作品10篇を収録)を刊行、翌1980年には、北村耕事務局長を中心に作業を進め、これまた念願の「国鉄作家集団二〇年史」を刊行した。(略)


5 「国労文化闘争指針」の策定と国労文化祭典(1981~85年)

 1975年秋のスト権奪還ストを経て1980年代に入ると、国鉄労使の緊張がにわかに高まってきた。1980年6月の衆参同日選挙で自民党が圧勝したあと、11月にはローカル線切り捨てを含め国鉄の縮小再編を企図した国鉄再建法(国鉄経営再建促進特別措置法)が成立し新しい局面を迎え、82年3月に発足した第二臨調(臨時行政調査会)は国鉄「分割・民営化」のレールを敷きはじめた。また、新聞・雑誌・テレビなどマスコミを使った反国鉄キャンペーンのなかで、国鉄の「赤字」をテコとした国鉄労使“国賊”論までデッチ上げてきた。手を変え、品を変えた国鉄労働者への組織的攻撃と「雇用不安」が日に日に職場を覆いはじめた。

<「国労文化闘争指針」づくり>

 1981年の国労第43回釧路大会では、懸案だった「国労文化闘争指針」が、政治・経済とならぶ労働運動の三大目標の1つとして採択された。国労で指針を策定する方針を決めたのは、1976年の札幌大会であった。これは、1971年に発表された総評の文化闘争指針第一次草案、同じく1975年の第二次草案を受けて、他の単産に先がけて決められたものであった。策定作業79年に入ってからはじめられ、国労本部教宣部と、サークル側から鈴木茂正(詩人連盟)、北村耕・小田美智男(作家集団)が参加し、79年に第一次草案、80年に第二次草案を「国鉄新聞」に発表した。この間、3回にわたる文化シンポジュームと、全国縦断ブロック別討論集会を経て、意見・要望を集約し、ようやく採択にこぎつけた。

<文化闘争指針の内容>

 闘争指針はその冒頭に「はじめに」で80年代に至る諸情勢が分析され、第1章「文化闘争の意義と目的」、第2章「国鉄における文化の状況」、第3章「文化闘争の具体的な進め方」の3章構成になっている。国労の「綱領」は「われわれはすぐれた文化遺産を尊重するとともに、働く者の個性にみちた創造的文化をつくりあげるために闘う。また資本主義の虚偽の宣伝と闘い、社会の真実を明らかにし、自覚的な団結を強めるために、みずからの教育と学習につとめる」と規定しているが、指針は、この国労の文化綱領を理念としてつくられた。

 当時、剣道、スキー、卓球、吟詠など20種目を超える国鉄当局のスポーツ・レク行事が行われていて、年間32000人ほどの職員が参加していた(79年度資料による)。80年代の緊迫していく情勢のなかで国鉄当局は、国労との共催を断ち切り、スポーツ・レクリエーションを通して国労組織の切り崩しをはかってきた。これに対し国労には、国文協傘下12サークル約2000人が組織されていたもののスポーツ・レクリエーション部門の組織化は大幅に遅れていた。こうした状況に対処するために、第一線の分会機関のなかに「文化・レク対策委員会」をつくり、活動家を組織して反撃に転じようとしたのが指針の具体的な内容であった。

<闘争指針の展開>

 「国労文化闘争指針」は、国労傘下の各級機関誌・紙に転載され、さらに具体化されていった。そして、各級機関の大会のさいの文化コーナーや文化祭、国労主催の文化・レク行事が多くの個所で実施されていった。東文協では東京地本教宣部の協力を得て、81年9月の地本第32回修善寺大会から、大会準備支部の準備日程と合わせながら準備に取りくみ、その後の大会ごとに文化コーナーを設置してきた。このような文化コーナーや文化祭はさまざまな形をとりながら、全国各地の地方大会、支部大会、分会大会にまで波及していった。作品の搬入・撤去などの作業はサークルの仲間たちが手弁当でこなし、その場はまた、国労各級機関との協調と、ジャンルを超えた文化活動家たちの交流と研鑚の場になっていった。(略) 


<写真連盟・ハムクラブ・東京短歌会>

 写真連盟(国鉄写真連盟)は、1985(昭和60)年3月、国鉄の分割・民営闘争の渦中で全国から130人の会員を結集し結成された。初代会長に山上敏夫を選出し、8月には「写真連盟ニュース」を創刊し活動を開始したものの、退職・配転・人活センター収容・組織分裂などのなかで会員は個々に分断され、活動は停滞を余儀なくされていった。JR発足後は、直ちに再建にとりかかり、1987年末までには再登録に応じた45人の会員を確認、活動を再開した。会員の海外取材やプロ写真家との交流、展示会、年1回の大会の様子などの活動を「写真連盟ニュース」に載せ、会員相互の連携を深めている。

 連盟にはすでに5点ほどの個人写真集がある。とりわけ石塚哲夫の記録写真集「国鉄を返せ」(1989年)には、動労の拠点であった田端機関区での、国労組合員の血のにじむ苦しい闘いの実相が鋭く克明に記録されている。最も困難な時期の困難な職場の闘いを記録したこの著者は、清算事業団を経て退職し、他の職場に移ったあとも、会員として写真連盟にとどまり活動を続けている。また、SLと国鉄労働者を撮った滝口忠雄写真集「遥かな汽笛」(91年)、四季の身延線を撮った斎藤文明写真集「身延線四季彩々」(95年)などの個人写真集が刊行され、さらに国鉄分割反対闘争を描いた国労本部発行の写真集「号笛、鳴りやまず」(90年)刊行に当って、連盟は全面的な協力を惜しまなかった。(略)

 NRUハムクラブ(国労アマチュア無線クラブ)は1989年12月、会員25人を結集し、初代会長中島健一、事務局長に桜井敏男を選出し結成された。年2回の移動運用合宿ではと北は北海道から南は九州・沖縄まで全国300局あまりのハム仲間と交信し「NRU」の名を広めるとともに、組織の団結強化をはかっている。(略)

 東京短歌会(国労東京短歌勉強会)は、新日本歌人会の啄木コンクールに入賞した小山五郎次を中心に、職場短歌の勉強会として1987年3月に発足した。月1回の例会では、持ち寄った作品をひとつひとつ添削し、相互批評と実作指導をつみ重ねた(略)