202億損害賠償事件

5、国労魂未だ消えず

「国労OBの美見和甫さんから激励文」

 [スト権スト当時の本部副委員長だった美見和甫(みいみかずとし)さんから、202億損賠訴訟の取り下げの朗報を知った喜びが永田稔光委員長宛の手紙で届けられた。

 同手紙では、「"国労魂未だ消えず"のよろこびとともに、新宿判決を糸口に千余名の仲間が開放されることを念じる。これらの仲間が開放されない限り国労の専従役員生活は終わらないとの強い思いにかられている」と述べ、「生ある限り、国労の一員であったことを生涯の誇りにし、今後もできる限りの協力をしたい」と表明されている。]。


 拝啓

 本部の皆さんは休まれる間もなく、心新たにきびしい戦いに取り組まれていられることに心から敬意を表します。さて、昨年の暮れには、(1)年金問題の前進、(2)新宿車掌区不当労働行為に対する最高裁の勝利判決、(3)スト権スト損害賠償問題の解決など、いずれも困難な問題をねばり強い闘いの中で勝利をかちとられ、組合員の方々はもちろん、私達国労OBもまた、積年の肩の荷が少し軽くなり、心温まる中で新年を迎える事が出来ました。

 これは、護憲・平和・人権、そして、労働者の基本権の確立をめざして闘われた国鉄労働者魂の勝利であり、闘いを主導された現中執の皆さんをはじめ、これを支えて闘った組合員の皆さん、心あるOBの仲間の皆さんの努力に対し、何もお手伝い出来ていない我が身を恥じつつも、心から厚く御礼申しあげます。

 私は72歳を迎えますが、これらの問題をふり返り、一面ではなつかしくも、また至らなかった事の反省の日々でございますが、そのいずれもが、私達がかつて本部におりました時に起因する事項であり、当然私達が一定の総括をしてバトンタッチすべき問題だったのですが、力たらず、すべて積み残してしまいました。

 特に、かの55年体制の中で、60年安保・三池闘争以来、1967年の全逓中郵事件判決までの問の体制側の攻撃は、総資本のバックアップのもとですさまじく、国家権力と総評に結集していた労働者の真正面からの対決でしたが、分裂攻撃とともに、公労法による首切り、日鉄法による免職をはじめとする弾圧、ビラ張り一枚に対しても軽犯罪法を持ち出すきびしいもので、全国で闘いのたびに刑事事件が続発いたしました。

 私もまた、拘束・逮捕・投獄・裁判闘争などにさらされたことがありましたが、そんな中でも、国鉄労働組合に集う仲間は、総評の中核として、また公労協の柱として果敢に闘いにいどみました。かくして昭和51年のスト権闘争を迎えましたが、当時は、幾度かスイスに通い、ILO条約批准の闘いと、世界の友好国労働者の支援を取り付けながら闘いを進めておりました。55年体制がつづく中で腐敗した自民党がロッキード事件を起こし、大きくゆれ、弱体化した三木内閣だから「頃はよし」と、スト権奪還を大義名分にし、自民党権力と真向から対決する闘いをいどみました。

 以来18年余を経た今、ふり返って見ますと、歴史的な闘いだったと言えるでしょうが、公労協・全交運あげての闘いも、交通ゼネスト突入の3日目ごろから、それまで自民党や財界に吹き荒れていた三木降ろしの風がピタリと止まり、目民党・政財界の総結集へと変わりました。私達は、ならば、と急遽戦術を強化することにし、4日の予定を無期限に変え、足かけ9日間の闘いとなりました。結果はよくご存じのように、目的を果たすことなく収束せざるを得ませんでした。

 その闘い以後の経緯は現職の皆さんが引き継いで闘っていただいた事で今さら申しあげる必要もありませんが、体制側の攻撃は、国鉄民営・分割化をもって、国労・動労の武装解除、分断へと進みました。

 当時役員だった私達OBは、その段階では残念ながら、年毎に逝く者、また残っている者も体力・気力・能力が例外なく衰え、なすすべもなく202億円の不当な賠償金も取られ、よくも悪しくも、戦後日本の労働運動の中核を担った国労も消され、先輩から受け継いだ八重洲の城も明け渡さざるを得ないところに追い込まれ、追い求めて来た「政局の変化」も、国労の再編も、私達OBの目の黒いうちは望みえないだろう、と思っておりましただけに、昨年暮の朗報を受け、「国労魂未だ消えず」のよろこびとともに、正直に申しあげて、まだまだ生きて、という気力を呼び戻された思いがしています。

 さらに新宿判決を糸口に、千余名の仲間が解放される日を、ひたすら念じております。これらの仲間は、私が本部におりましたころのうち約3年間、指令を扱う担当職として書いたきびしい行動指令を、忠実に守って、第一線で弾圧にもめげず、身を挺して闘ってくれた当時の青年部の精鋭部員です。

 私の記憶では、昭和50年前後には、年間11回のスト指令を書いた事を忘れられません。したがって私達OBにとっては、これらの仲間が解放されない限り、国労の専従役員生活は終わらない、との強い思いにかられています。これからも非常に困難な闘いだと思いますが、一層のご努力をお願いいたします。

 なお、私達OBも、生ある限り国労の一員であったことを生涯の誇りにし、今後もできる限りの協力をしたいと思っております。

 中執の皆さん、組合員の皆さんのご健闘を心から願いつつ、御礼とお願いといたします。

1995年1月15日