米軍は朝鮮への軍事的威嚇をやめよ!安倍政権は緊張緩和に動け!4・27緊急集会

米国は朝鮮への軍事的威嚇をやめよ!安倍政権は緊張緩和に動け!4・27緊急集会

 

 朝鮮半島をめぐる情勢が緊迫している。

 トランプ米政権は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)への武力行使の選択肢をちらつかせ、3月から続く大規模な米韓合同軍事演習に原子力空母「カールビンソン」などを派遣して北朝鮮を包囲し、軍事威嚇を強化している。

 米国は、「核」「ミサイル」を口実に北朝鮮に対する敵視政策を正当化しているが、朝鮮戦争以来の歴史を見ても、朝鮮半島における緊張関係の責任は米国にあることは周知の事実である。安倍政権は、米国の戦争策動に協力するのでなく、朝鮮半島の緊張緩和のために役割を果たすべきであり、政府は、北朝鮮との対話によって平和協定を結ぶ外交的努力を重ねるよう、米国に強く求めるべきである。

 こうしたなか、朝鮮半島における緊張緩和を求める声と運動を大きく上げる第一歩として、戦争挑発反対、緊張緩和・平和の世論を促し、政府に迫るため、下記のように呼びかけ人方式による緊急集会が呼びかけられた。国労としても当該の実行委員会より、集会への参加要請を受けたので、各機関の積極的な取り組みを要請する。

           記

1.日  時  2017年4月27日(木)18時30分~
2.場  所  日本教育会館9F 
3.主  催  4・27緊急集会実行委員会
<連絡先>
〒212-0011川崎市幸区幸町4-8青柳ビル2階 ☎ 044-271-6902
<呼びかけ・賛同人(敬称略・4/19現在)>
鈴木宣弘(東京大学教授)、角田義一(元参議院副議長・弁護士)、西澤清(自主・平和・民主のための広範な国民連合代表世話人)、野平晋作(ピースボート共同代表)、日森文尋(朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長)、本山美彦(京都大学名誉教授)、鎌倉孝夫(埼玉大学名誉教授)、天木直人(新党憲法9条代表)、中村元気(日朝学術教育交流協会会長)、北原守(福岡県日朝友好協会会長)、早川行雄(JAM参与)、久保孝雄(元神奈川県副知事・アジアサイエンスパーク協会名誉会長)、堀川久司(千葉朝鮮学校を支える県民ネットワーク呼びかけ人)、米津篤八(朝鮮語翻訳家)、相沢幸悦(埼玉大学名誉教授)、越川好昭(神奈川県綾瀬市議会議員)、対島テツ子(緑の党党首)、高梨晃嘉(かながわアクション)、山本泰生(横浜国大教授) 、木村朗(鹿児島 大学教授)、安田節子(食政策センタービジョン21代表) 、中野新(厚木基地第四次爆音訴訟弁護団長) 、日下景子(神奈川県議会議員) 、中川登志男(神奈川県寒川町議会議員)、芦沢一明(渋谷区議会議員)


2017年04月27日