狭山事件の再審を求める市民集会

 狭山事件の再審を求める市民集会の参加について

 狭山事件の再審を求める闘いは、2006年5月に第3次再審請求を申し立てから既に11年を迎えようとしている。
 2009年9月から、東京高裁、弁護団、検察による三者協議がはじまり、今年5月中旬には第32回の三者協議が行われる予定だが、これまで188点の証拠が開示され、東京高裁が保管する「証拠物のリスト」も含め、証拠開示の流れができてきている。

 しかし、一方で弁護団が開示請求している重要な証拠は「見当たらない」とする『不見当』扱いとされるなど、肝心な証拠が開示されるに至っていない。

 昨年8月に提出した下山鑑定をはじめ、今年1月に提出した発見された万年筆と脅迫状の訂正に使われた万年筆のペン先の太さの違いを明らかにした川窪第三鑑定によって、石川一雄さん宅から発見された万年筆が被害者のものではないことがいっそう明らかになっている。さらに3月には、カバンは石川さんの「自白」とは違う場所で発見されたことを明らかにした土地家屋調査士の報告書も提出されている。

 これらの新証拠によって石川さんの有罪確定判決は完全に崩れ、東京高裁が事実調べを行うかどうかという正念場を迎えている。

 石川さんも78歳と高齢であり、一刻も早い再審を実現しなければならない。

 この間、足利事件、布川事件、東電社員殺害事件と相次いで再審無罪が確定し、袴田事件も再審開始決定が出されるなど、冤罪や裁判制度に対する世論も一層高まっている。

 国労本部は、部落差別をはじめ、あらゆる差別の撤廃と人権確立の闘いの地平を切り開くため、中央共闘に結集する各単産・民主団体とともに、狭山事件の再審実現をめざす標記集会を積極的に取り組むこととしたので、各地区本部・支部は下記の通り参加体制を確立すること。
                
             記

1、日  時   2017年5月23日(火)13時~14時30分
         (集会終了後デモ行進)

2、場  所   日比谷野外音楽堂

3、主  催   狭山事件の再審を求める市民集会実行委員会

4、内  容   主催者挨拶・弁護団報告・基調報告・石川一雄さんアピール 他
         (14時30分デモ出発予定  会場~常盤橋公園解散予定)

2017年05月23日