被爆72周年原水爆禁止世界大会福島大会

 東日本大震災・福島原発事故から6年が過ぎましたが、原発の廃炉作業の目途も立たず、いまだ8万人近くの人々が避難生活を余儀なくされています。さらに補償や健康、地域社会の復興など様々な課題が山積しています。

 被爆72周年原水爆禁止世界大会福島大会では、それならの現状を明らかにし、フクシマとの連帯を考えました。

 7月29日(土)には、全体集会と3つの課題に分けた分科会が行われました。翌日には、フィールドワークが行われました。

 


2017年07月29日