脱原発福島県民大集会



 「原発のない福島を!県民大集会」実行委員会の主催による「2016原発のない福島を!県民大集会が3月12日に郡山市開成山陸上競技場にて開催されました。

 実行委員会の千葉さん、山部さんの司会で大集会は進行しました。

 大集会の開会にあたり、2011年3月11日の東日本大震災でお亡くなりになった方々のご冥福を祈って、6000人の参加者で黙祷を行いました。

 主催者を代表して、角田正志実行委員長から、「福島第1原発事故から5年が経過したが、除染土の運び出しも進まず、放射性物質の最終処分地も決まっていないのが事実。今も10万人近くが避難生活を送っている。風評被害もある。福島を置き去りにした原発再稼働は認められない。今後、福島第2原発の廃炉を求めて行く。」との挨拶がありました。

 特別ゲストとして、「『さようなら原発』1000万署名市民の会」呼びかけ人の鎌田慧さんから、「原発は経済性ではなく人権の問題。高浜原発で大津地裁は仮処分を出した。原発は近隣の市町村も破壊している。明治30~35年に足尾鉱山鉱毒で被害を受けた農民が東京に押し出して行った。今度は私たちが東京に向かって押し出して行く。どういう未来を作っていくのかが問われている。」との連帯挨拶が行われました。

 呼びかけ人紹介、自治体後援紹介が行われたあと、県民・県外からの訴えと続きました。
 呼びかけ人の一人である武藤類子さんからは、「東電の三人を告訴した。刑事裁判を通じて隠された事実を明らかにしていきたい。裁判は法廷だけではない。多くの人の関心と市民の力で、公正な裁判となるよう支えて頂きたい。」との訴えが行われました。
 浪江町津島被害者原告団の今野秀則団長からは、「仮の生活を強いられている。地域の歴史と伝統が立ち消えた。家屋が廃れ、動物が野生化している。帰還困難区域は放置状態。原発と人間は共存できない。電力を作る原発が、人権を上回ることはない。①原発事故の責任を問う。②被害の回復。③事故を繰り返さない。ことを裁判で争い、人間としての尊厳を取り戻す。」との訴えが行われました。
 大熊町住民の相場学さんからは、「大熊町は原発のある街で、原発が身近な存在だった。こんなに長い避難生活になるとは思わなかった。他県で暮らすのか、福島に戻るのか。悩んだ結果、子供に辛い思いをさせたくないので、単身赴任で週末だけ家族で暮らす事にした。原発再稼働は許せない。」との訴えが行われました。
 第18代高校生平和大使の鈴木真奈美さんからは、高校生平和大使としてジュネーブに行った経験や、これから自分自身の言葉で発信していくことが話されました。
 ストップ川内原発!鹿児島県実行委員会の向原義孝事務局長からは、「原発ゼロから日本最初の再稼働。地震国日本で正気の沙汰ではない。原発事故は必ず起きる。原発で海も死んでいく。」との訴えが行われました。

 集会の最後に、集会アピールを採択し、閉会あいさつのあと、市内アピール行動に移って行きました。
 会場で取り組まれたカンパは、1,168,082円でした。
 国労は、全労協枠での参加をはじめ、各県・各地の共闘組織として参加し、県民大集会の成功に向け取り組んできました。


2016年03月12日