戦争法廃止・辺野古基地建設・原発再稼働阻止、参議院選勝利 3・25労働者決起集会


 壊憲NO!96条改悪反対連絡会議主催の「戦争廃止、安倍内閣打倒、参議院選勝利、辺野古新基地建設・原発再稼働阻止3・25労働者決起集会」が、3月25日に新宿区立四谷区民ホールで開催されました。

 壊憲NO!96条改悪反対連絡会議事務局の村上理恵子さん、土松克典さんの司会で集会は進行されました。

 主催者を代表して、二瓶久勝共同代表(壊憲NO!96条改悪反対連絡会議)から、「アベノミクスの崩壊。2018年に改憲という安倍政権の狙いを参議院選挙で阻止する。今、労働組合の取り組みが弱い。春闘は1発回答、ストライキで闘う労働組合が減ってきた。今後の闘いは労働組合・組合員が鍵。職場・地域の闘いなくして安倍政権は打倒出来ない。労働者が1歩も2歩も前に出て闘おう」との挨拶がありました。

 連帯挨拶として、桐田達也事務局長(戦争させない東京1000人委員会)から、「武力行使は負の連鎖を生む。沖縄では非暴力の住民に警察が暴力的に排除を行っていた。福島第一原発事故で、原発は最大の人権と環境破壊だということが分かった。戦争へ突き進む政権を打倒しなくてはならない」と。木村辰彦事務局長(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)からは、「知事が国に訴えられたが、これは県民が国に訴えられたのと同じ。運動の中軸に労働組合(自治労)が出て来た。生活・権利の闘いと一体。2月21日に28,000名の結集で国会を包囲したが、全国8箇所でも同時に集会が取り組まれた。国労・動労のマル生闘争と沖縄の闘いが一体となって闘ったような闘いが求められている」との挨拶がありました。

 内田雅敏事務局長(戦争させない1000人委員会)の情勢報告を受け。
 労働組合・団体からの挨拶として、金澤壽議長(全国労働組合連絡協議会)、唐澤武臣中央本部書記長(国鉄労働組合)、奥田孝吉中央副執行委員長(日本新聞労働組合連合)、堀川久司議長(国鉄闘争の経験と教訓を活かす千葉県共闘会議)、松本耕三中央執行委員長(全日本港湾労働組合)の5名から挨拶が行われました。

 最後に、中里保夫中央副執行委員長(東京清掃労働組合)の団結がんばろうで集会を終えました。


2016年03月25日