戦争法を廃止!安倍政権の暴走を許さない3・19総がかり日比谷大集会

 戦争させない・9条を壊すな!総がかり行動実行委員会の主催で、3月19日に日比谷野外音楽堂において、「戦争法廃止!安倍政権の暴走を許さない3・19総がかり日比谷大集会」が13時00分から5600名の参加者を集め開催されました。

 ミナセン(みんなで選挙)の武井由起子弁護士、非戦ネット・日本国際ボランティアセンターの白川徹さん、安保関連法に反対するママの会・東京の西川あやさん、T-nsSOWLのあいねさん、 日本基督教団エパタ教会の亀岡顕牧師の5名のリレートークのあと、司会の石山さんの開会宣言から大集会が始まりました。

 主催者を代表して、戦争させない1000人委員会の福山真劫さんから「安倍政権打倒の大衆行動を築いていく。参議院選挙での野党共闘。」が訴えられ、2000万署名が東京都内分で500万筆集められたことが報告されました。

 続いて政党を代表して、民主党の枝野幸男幹事長から「立憲の危機、生活の危機、政治の危機。野党共闘では心配を掛けているが参議院選挙までには間に合わせる。」と訴えられました。
日本共産党の小池晃副委員長からは「内戦地帯に自衛隊を派遣し、現地の少年兵達を殺させてはいけない。戦争法から、憲法改正が政争となった。自らを『最高責任者』という安倍首相の独裁国家になろうとしている。この闘いは民主主義を守る正義の闘いである。」と訴えられました。
社会民主党の吉田忠智党首、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎共同代表からのメッセージ紹介の後、連帯の挨拶へと移りました。

 連帯の挨拶は、日本弁護士連合会の福山陽子弁護士、日本医師会元会長の原中勝征さん、イラク戦争検証委員会の志葉玲事務局長、全日本視覚障害者協議会の田中章治代表理事、ヘリ基地反対協議会抗議船の北上田毅船長の5名が行いました。

 小田川義和さんの閉会挨拶のあと、日比谷公園西幸門から丸ノ内鍛冶橋駐車場まで、戦争法廃止!安倍内閣打倒!参議院選挙勝利!を訴えてデモ行進を行い、日比谷大集会を終えました。

 


2016年03月19日