「JRの安全輸送と地域公共交通を守る4・16国労シンポジウム」

「JRの安全輸送と地域公共交通を守る4・16国労シンポジウム」の開催について

「分割・民営化」から30年を迎えるなか、いまJR各社において輸送の安全が脅かされ、全国各地で地域鉄道、ローカル線が存続の危機にある。JR三島・貨物の構造矛盾の解決、運輸行政における規制の強化、厳しい経営環境にある地域鉄道等への支援の拡充などJR発足30年の節目にあたって取り組むべき課題は山積している。
こうしたなか、国民の移動する権利を守り、交通基本計画に基づく交通体系の確立を視野に入れた取り組みを強化し、国やJR等への働きかけや世論喚起の運動を強めていくことを目的にシンポジウムを開催した。

1.日  時  2016年4月16日(土)13時~17時
2.会  場  アジュール竹芝13F「飛鳥」
3.主  催  国鉄労働組合本部
4.内  容

  ○開会挨拶  佐々木中央本部副執行委員長

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  ○主催挨拶  坂口中央本部執行委員長

  ○ 基調講演「分割民営化30年 JR体制の検証と課題」
    安藤 陽氏(埼玉大学教授)

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  ○ 特別講演「三江線の維持・存続に向けて」  
    山本 誉氏(島根県議会議員)

  ○ パネルディスカッション
    コーディネーター  福田護弁護士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北海道新幹線開業と安全輸送の確立について」北海道本部島見佳法書記長

「首都圏中心に相次ぐ重大事故と背景」東日本本部佐藤正幸書記長

「地域交通を守る取り組み」  山本 誉氏(島根県議会議員)

  ○質疑応答

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ○まとめ  唐澤中央本部書記長

 

2016年04月16日