戦争法発動反対!戦争する国許さない3・29閣議決定抗議!国会正門前大集会










 安倍政権は、昨年9月19日に圧倒的多数の国民が反対するなか、戦争法(安保関連法)を強行採決・成立させました。南スーダン駆けつけ警護や、対IS軍事作戦への参加など、国会で審議すべき事柄が山積みであるにも関わらず、3月22日、戦争法を3月29日に施行する政令を閣議決定しました。
 29日の戦争法発動を許せないとして、28日の12時00分から衆議院第2議員会館前を中心に「戦争法発動反対!戦争する国許さない3・28閣議決定反対!国会議員会館前座り込み&スタンディング」が取り組まれました。
 しかし、29日0時をもって戦争法は施行されました。
 この安倍政権の暴挙に対し、戦争させない・9条を壊すな!総がかり行動実行委員会の呼び掛けで、18時30分から国会正門前を中心に「戦争法発動反対!戦争する国許さない3・29閣議決定抗議!国会正門前大集会」が取り組まれ、37,000名の労働者・勤労国民が国会前に結集しました。
 大集会は、集会参加者によるシュプレキコールのあと、政党からの挨拶が行われました。
 民進党の枝野幸男幹事長から「立憲主義、民主主義を取り戻す闘い。プロセスは遠回りに見えるかもしれないが結果が大事。参議院選挙までには野党共闘を間に合わせる。」との挨拶が行われました。
 共産党の山下芳生書記局長からは「各党の公約として戦争法反対を掲げる。野党共闘は皆さんの後押しが大事。」と挨拶されました。
 社民党の吉田忠智党首は「憲法違反の集団的自衛権。戦争法の発動を阻止するには、①大衆闘争、②裁判闘争、③選挙での野党4党の共闘。の3点が大事。衆参ダブル選挙になっても野党の統一候補擁立をめざす。」と挨拶されました。
 生活の党と山本太郎となかまたちの玉城デニー幹事長は「戦前に戻るとしている。」と危機感を訴えていました。
 政党の挨拶に続き、主催者を代表して福山慎吾さん(戦争させない1000人委員会)等が挨拶を行い、1時間近くの大集会「第1部」を終えました。
 引き続き、主催者をSEALDs&学者の会に交代し、「第2部」が19時30分から開催され、深夜まで抗議行動が続けられました。


2016年03月29日