共謀罪の廃案を求める行動

 戦争させない・9条壊すな!総がかり実行委員会と共謀罪NO!実行委員会による「共謀罪廃案!国会議員会館前行動」が連日取り組まれています。

 

 5月17日(水)は、「共謀罪廃案!議員会館前集会」が12時00分~13時00分、「共謀罪廃案!国会議員会館前座り込み行動」が13時30分~16時00分、「共謀罪廃案!国会議員会館前集会」が18時30分~19時30分で国会議員会館前で開催されました。

 

 5月18日(木)も、「共謀罪廃案!議員会館前集会」が12時00分~13時00分、「共謀罪廃案!国会議員会館前座り込み行動」が13時30分~16時00分、「共謀罪廃案!国会議員会館前集会」が18時30分~19時30分で国会議員会館前で開催されました。

 

 5月19日(金)は、「共謀罪廃案!議員会館前集会」が12時00分~13時00分、「共謀罪廃案!国会議員会館前座り込み行動」が13時30分~16時00分で取り組まれているなか、組織犯罪を計画段階で処罰可能とする「共謀罪」の成立要件を改めたテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案が、衆院法務委員会で自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で強行採決・可決されました。与党側が審議時間の目安とする計30時間(参考人質疑を除く)に達したとして、質疑終局の動議を提出し、採決に踏み切りました。民進党や共産党などは「質疑が不十分だ」などと猛反発し、怒号が飛び交う中での採決となりました。政府・与党側は23日以降に衆院を通過させ、6月18日までの今国会中の成立を目指しています。
 共謀罪の強行採決が行われた夜には、「共謀罪廃案!安倍内閣は退陣せよ、国会正門前行動」が18時30分~19時30分で取り組まれ、強行採決糾弾の声が国会正門前で響き渡りました。

 

 

 

 

 

2017年05月17日