共謀罪の廃案を求める行動

 戦争させない・9条壊すな!総がかり実行委員会と共謀罪NO!実行委員会による「共謀罪の廃案を求める行動」が連日取り組まれました。

 

 6月14日(水)は、「共謀罪法案の廃案を求める6・14国会前行動」が、12時00分~13時00分で「昼集会」、13時30分~16時00分で「座り込み」、18時30分~19時30分で「夜集会」が衆議院第二議員会館前にて開催されました。

 共謀罪が参議院本会議で強行採決されそうな中、夜集会が終わっても、国会前に残れる方は院内で闘っている野党と共に闘うという決意のもと、朝方まで共謀罪廃案・強行採決反対を訴えました。

 

 6月15日(木)、参議院本会議において、自民、公明、維新は、組織的犯罪処罰法改正案、いわゆ る「共謀罪」法案の審議を一方的に打ち切って採決を強行しました。 参議院において与党が、多くの国民の反対や不安の声を黙殺し、法務委員会での審議を衆議院の 3分の 2にも満たない17 時間あまりで打ち切ったばかりか、委員会採決を経ることなく、 数の暴力によって本会議における「中間報告」という禁じ手まで使いながら強引に法案の成立を図ったことは、文字通り、議会制民主主義の否定であり、決して許されない暴挙です。

 「共謀罪法案の廃案を求める6・15国会前行動」は、12時00分~13時00分で「昼集会」が衆議院第二議員会館前で開催され、「座り込み」行動は中止となり、18時30分~「共謀罪法案の廃案を求める6・15国会正門前行動」が開催され、安倍政権を糾弾しました。

 

 尚、共謀罪が参議院本会議にて強行採決・成立したことから、6月16日(金)の行動は中止となりました。

 

 

 

 

 

 

2017年06月15日