怒りと悲しみの沖縄県民大会に呼応するいのちと平和のための6・19大行動

「怒りと悲しみの沖縄県民大会に呼応するいのちと平和のための6・19大行動」について

 去る5月19日、沖縄県うるま市の女性が4月から行方不明になっていた事件で、恩納村の雑木林で遺体が発見され、嘉手納基地軍属の元海兵隊員が死体遺棄の容疑で逮捕された。2か月前にも那覇市内のホテルで、米兵による女性暴行事件が発生したばかりだが、1972年の日本復帰以降2015年末までに沖縄県内での米兵や米軍関係者による凶悪犯罪は、驚くべきことに574件にものぼっている。
 現在、日本国内における在日米軍専用施設面積のうち、沖縄県が占める割合は74.46%となっているが、米軍基地の集中が凶悪犯罪の温床となっている事実は明らかである。
 こうした情勢のもと、幾度となく繰り返される米兵や米軍関係者の凶悪犯罪に、満身の怒りをもって抗議の意を表すため、来る6月19日に奥武山公園陸上競技場にて沖縄県民大会が開催された。
 これに呼応し、沖縄県民とともに「日米同盟の強化」を標榜する安倍内閣打倒と戦争法廃止、在日米軍基地撤去などを求め、緊急に国会包囲行動が開催された。

 

 

 


2016年06月19日