JAL本社大包囲行動・デモ行進

 JAL不当解雇撤回原告団は、この解雇が経営破たんを利用した「闘う組合つぶし」であり、不当労働行為そのものであったことが明らかであるとして、昨年2月の最高裁不当決定後も闘いを継続しています。

 この間、JAL不当解雇撤回原告団は、政府に対して出された3 度のILO 勧告に基づき、争議の早期解決に向け、政府がJALに対する積極的な指導を行うよう再三要請を繰り返してきましたが、JAL経営陣は「話し合いは続ける」と逃げ回るばかりで、解決に向けた具体的な協議を始めようとすらしていない現状にあります。

 こうした状況を踏まえ、社会的世論を喚起して一日も早い早期解決を迫るために、11月4日にはJAL本社大包囲行動・デモ行進を取り組みました。

 また、緊急JAL本社前座り込みが、11月7日(月)・8日(火)・10日(木)・11日(金)の4日間で11:00~14:00で取り組まれるので、多くの方の参加をお願いします。

 

 

  

 

 

2016年11月04日