さようなら原発大講演会(第1回)

 11月5日連合会館にて「さようなら原発講演会」が開催された。鎌田慧さん(呼びかけ人/ルポライター)から原発事故や沖縄基地問題は同じ「核武装」につながるものであると開会あいさつを受け、講演では海渡雄一さん(弁護士、新もんじゅ訴訟弁護団)から裁判の有益性を説明された。原料となる猛毒プルトニウム、さらに冷却用ナトリウムと水蒸気が触れ合うことで大爆発が起きる危険性も話された。先進国では25年前に撤退している高速増殖炉開発を日本でも終わりにさせたい。脱原発を願う市民は、7割となっている現状があり、すでに民意は示されている。講演後の質疑では、原発被害救済千葉県弁護団長の福武公子弁護士から「フクシマ」を忘れずに引き続き闘いを続けていくとの報告もあった。鎌田慧さんが2017年3月26日再び代々木公園に集まりましょうと呼びかけていた。

2016年11月05日