ITFアジア太平洋地域総会

 2016年11月28日~30日に東京ビックサイトにてITFアジア太平洋地域総会が開催された。

 2年前には、ソフィアで第43回世界大会があって以来の総会である。

 テーマは、第4次産業革命に対応する準備と課題であり、アジア太平洋地域の各国で抱える「新自由主義=非正規雇用者増加」とIT・AIによる労働強化と労働疎外を報告されていた。特に女性・青年における労働組合参加とキャンペーンの実行が中心となり「4つのレバー戦略」を展開するための準備と運動が議論されていた。

 オーストラリアで若者を組合加入させるために取り組んだパフォーマンスの紹介では、宣伝とチラシ配りだけでは無く「チラシで対話」を積み重ねてきた。その後に総括、参加者懇親会(飲み会)を繰り返すことで一人ひとりが成長することも重要であると認識してきたとの報告を聞いていると、なるほど私たちと変わりがないが、宣伝行動では一人ひとりの対話が無くなっている現実を感じた。労働組合運動の世界的な動きとして停滞箇所と躍進箇所の差を感じました。しかし、相手は世界資本=資本主義も行き詰まりの中での生き残りであると認識をすれば、労働者の大同団結が有利ではないかと感じたところである。(写真は、全体討論と歓迎レセプションでの東武鉄道労組サークルの和太鼓)

 

 

 

2016年11月28日