原発事故自主避難者の住まいを奪うな!2・18さようなら原発緊急集会

 福島原発事故で避難区域外から避難を余儀なくされた「自主避難者」に対する住宅無償提供が、この3月末に打ちきりとなります。この間、災害救助法に基づき実施してきたもので、原発事故の避難区域の内外を問わず対象としてきましたが、避難区域外の「自主避難者」が切り捨てられることになろうとしています。その対象者は1,500戸ともいわれ、いま、避難先で苦渋の選択を迫られ、さらに厳しい状況におかれようとしています。
 「さよなら原発1000万人アクション実行委員会」が、その現状を訴える緊急集会を2月18日に連合会館で開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年02月18日